川副青山|伊万里鍋島焼窯元。伝統の技術を後世に伝える青山窯です。

伊万里鍋島焼 窯元|川副青山

制作工程

制作工程

伊万里鍋島焼が出来るまで

作品が出来上がるまでの工程を、ご案内致します。

工程

1.成型
成型の様子
轆轤(ロクロ)や石膏型などで壺や器、人形などの形を作ります。
2.素焼窯
成型したものを乾燥させ、約900度で素焼きします。
3.下絵付け
下絵付けの様子
素焼きの焼き物に描く作業で、呉須(ごす)で色絵を施すための輪郭や輪郭の中を塗りつぶします。
染付といわれる焼き物はこの呉須だけで描かれたものです。
4.釉掛け
釉掛けの様子
下絵付けを施したものに釉薬をかけます。白い焼き物の場合、ふつうは透明釉をかけますが、青磁釉や瑠璃釉をかけることもあり、焼くと下絵付け部分が青く表現できます。
5.本窯
釉掛けしたものを、約1300度で本焼きます。土の種類にもよりますが、焼き上がりでは約2割弱縮んで小さくなります。
6.上絵付け
上絵付けの様子
本焼きの済んだ焼き物に赤や黄・緑などの色絵(顔料)をつけます。
上絵付けは大きくは、文様の輪郭線を描く「線描き」とその輪郭線の中を種々の色絵具で塗る「ダミ」とに分けられます。美しい色を出すために、膠の配合など熟練の技が必要です。
7.上絵窯
色絵を定着させるために、さらに約800度で焼きます。少しの温度差で発色やツヤが変わるので細心の注意をします。
8.完成
以上の工程で伊万里鍋島焼は完成します。

伊万里鍋島焼 窯元|川副青山

伊万里色鍋島焼陶芸青山窯
店舗/〒848-0025 佐賀県伊万里市大川内町乙1832 | 0955-23-2366
工房/〒849-2305 佐賀県武雄市山内町大字宮野23660 | 0954-20-7301